ニュース

ブレクジットとEUオーガニック食品

日本でもニュースを耳にする「ブレクジット(イギリスの欧州連合離脱)」と欧州連合(EU)のオーガニック食品認証のラベルに関して触れてみましょう。数年前にイギリスが欧州連合を離脱することを決定しましたが、さまざまな規定に関する調整を要するため、具体的な変更まで時間がかかるようです。

2019年10月末の最新のニュースで「欧州連合(EU)委員会は2020年1月31日までの柔軟な延長に同意」をしており、それまではこれまで通りとなります。しかし、イギリスの欧州連合離脱が「合意なき離脱」となった場合、オーガニック食品の欧州連合(EU)のラベルに関して変更する必要が出てきます。

イギリスのオーガニック認証機関、ソイルアソシエーション(Soil Association)も言及していますが、
「オーガニックに関するガイダンスは、変更を要するでしょう。例えば、欧州連合(EU)内でのオーガニック製品の輸入と輸出には影響があります。これは、種子、植物、家畜、作物、飼 料に適用されます。(テキスタイルと化粧品は影響を受けません。)また、UKから欧州連合(EU)(および一部の第三国)に輸出する場合、製品または家畜の受け入れに問題がある可能性がありますし、新しい書類が必要となってくるでしょう。」

ABOUT ME
Bionatura&co編集部
Bionatura&co編集部
ビオナチュラ&コー編集部は、コントリビューター団体や個人以外が執筆した有益情報の記事を数名の翻訳クラウドワーカーと共に編集し、みなさんにお届けします。
『食に関するオープントーク』をポッドキャストで配信中

オーガニック・食品添加物・農薬問題・環境問題・食育・健康・子育てなどをフードアクティビストが話します。
以下のバナーをクリックすると、Googleポッドキャストにアクセスできます。そのほかSpotifyを含むS7つのプラットフォームで配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA