ニュース

フィンランドのオーガニック市場2019年

フィンランドの有機食品協会、PRO LUOMUが発表した統計によると、フィンランド国内の2019年のオーガニック食品及び飲料の売上は前年に比べ9.6%増加しました。売上高は合計で約3億6800万ユーロ(6月22日現在 約439億5,079万円)に達しました。

2019年に見られた9.6%の伸びは、前年の9%をわずかに上回っており、食料品の総売上高2.6%増の伸びを上回っています。オーガニック食品の売上は、フィンランドの食料品販売総額の全体の2.6%を占めています。

オーガニック売上の最大の製品カテゴリーは、果物、牛乳、その他のヨーグルトなどの液体乳製品および野菜でした。
オーガニック食料品の売上の20%以上が果物や野菜と同じ売り場で販売されています。そのほか、コーヒーと卵も人気のオーガニック製品でした。相対的には、オーガニックのビールと冷凍食品が売上高に最も貢献したことが分かっています。

PRO LUOMUのエグゼクティブディレクターは、「チーズの良好な成長は、スライスした低脂肪チーズの供給の拡大が要因となっています。そしてオーガニック食品は子供連れの家族に人気があるので、ベビーフードの力強い成長は当然のことです」と述べています。

(出典:https://proluomu.fi/

ABOUT ME
Bionatura&co編集部
Bionatura&co編集部
ビオナチュラ&コー編集部は、コントリビューター団体や個人以外が執筆した有益情報の記事を数名の翻訳クラウドワーカーと共に編集し、みなさんにお届けします。