ニュース

オーガニック市場、世界第2位を維持するドイツ

ドイツの2019年のオーガニック小売店の売り上げは、9.7%の増加をし、全世界で2位の市場ランキングをキープしています。そして2019年のドイツの有機食品及び飲料の売り上げは110億7,000万ユーロ(4月16日現在:約1兆2,920億円)となっています。消費者調査のスペシャリストAMIのダイアナ シャック氏は、BIOFACHの展示会でこのように述べています。

ドイツのオーガニック市場が力強い成長を続けている大きな要因の1つは、スーパーマーケットによる高いレベルのエンゲージメントであり、「昨年、オーガニック製品の商品カテゴリーを拡大することに非常に積極的であった」ということがわかりました。オーガニックの新製品開発はドイツでも堅調です。ドイツの市場では、2019年に発売されたすべての新しいオーガニック食品がマーケットの20%を占めています。(出典:Mintel)

まずは小売流通の内訳に関して、スーパーマーケットとALDIなどの安売りをするディスカウント店の小売売上高は71億3100万ユーロ(4月16日現在:約8,322億8,291万円)で、昨年に比べ11.4%成長を遂げています。自然食品店は8.4%の増加の31億8千万ユーロ(4月16日現在:約3,711億4,845万円)となり、オンライン・健康食品店・ファーマーズマーケットなどのその他の流通は、5%増の16億ユーロとなっています。

商品カテゴリーごとのシェアは、牛乳の代替品つまり、植物性ミルクが69.9%、そして44.4%が肉の代替品とプラネットベースの食品、飲料がだんとつでした。そして、14.1%の卵、10.1%の牛乳、9.2%の植物油、7.4%のヨーグルト、6.8%の果物、2.6%の肉が続きました。

ABOUT ME
Bionatura&co編集部
Bionatura&co編集部
ビオナチュラ&コー編集部は、コントリビューター団体や個人以外が執筆した有益情報の記事を数名の翻訳クラウドワーカーと共に編集し、みなさんにお届けします。