オーガニック

オーガニックコットンとは

綿花は、畑で育てられ、ふわふわの繊維が摘み取られ、紡がれて糸となります。
一度織り込まれた素材は、軽く、通気性があり、扱いやすく、着やすいのが特徴です。

購入するものが本当に持続可能な方法で栽培されていることを確認したい場合は、認証されたオーガニックコットンが最良の選択肢です。オーガニックとは、人と地球の長期的な利益のために、環境から非常に有毒な物質を排除し、代わりに全体的に機能する唯一のシステムです。

麻、リネン、ジュート、シルク、ウールなどの他の繊維も有機農法で栽培できますが、コットンはファッションや生地で最も一般的に使用されている素材のひとつです。実は、オーガニックではないコットンは「世界で最も汚れた作物」と呼ばれています。

なぜオーガニックコットンが地球にとって良いのか?

オーガニックコットンが地球とって良い理由はたくさんあります。世界経済フォーラムでは、水不足を今後10年間の社会に対する世界的な危機のトップ10位のひとつとして特定しています。
綿花の大部分は、水不足に直面している国で栽培されています。オーガニックコットンは、非オーガニックコットンよりも水への悪影響が大幅に少ないとしています。

より健康な土壌
有機農家は、堆肥化などの自然な方法を使用して健康な土壌を作ります。健康な土壌はスポンジのように機能し、洪水時には水を吸収し、干ばつ時にはそれをより長く保持します。

化学農薬不使用
危険な合成農薬は、水路に入るときに「安全な」レベルにするために希釈する必要があります。非オーガニックコットンの栽培に使用される水の5分の1以上がこの目的に使用されます。危険な合成農薬は、有機農業で使用禁止されているため、化学農薬の心配をする必要はありません。

コットンの給水方法
ほとんどのオーガニックコットンは、その地域の水供給を圧迫させる可能性がある地面から水を抽出する代わりに、雨などの自然の降水で栽培されています。

ABOUT ME
Bionatura&co編集部
ビオナチュラ&コー編集部は、コントリビューター団体や個人以外が執筆した有益情報の記事を数名の翻訳クラウドワーカーと共に編集し、みなさんにお届けします。
『食に関するオープントーク』をポッドキャストで配信中

オーガニック・食品添加物・農薬問題・環境問題・食育・健康・子育てなどをフードアクティビストが話します。
以下のバナーをクリックすると、Googleポッドキャストにアクセスできます。そのほかSpotifyを含むS7つのプラットフォームで配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA