エコ

フランスは2022年から30の果物と野菜のプラスチック包装を禁止

プラスチック汚染されている海が地球を苦しめているなか、フランスではいよいよ2022年1月1日より果物と野菜のプラスチック包装を禁止することにしました。

はじめは、パプリカ、きゅうり、じゃがいも、にんじん、りんご、バナナ、オレンジなどの30品目からプラスチック包装を排除していきます。

現在のところ、すぐに食べられるようなカットフルーツやベリー類などの繊細な果物などの一部の商品はプラスチックパッケージで引き続き販売できますが、これもまた2026年6月までに、段階的に廃止されます。

今後数年間で、ベリーなどの繊細な果物などのアイテムもプラスチックでの販売が禁止される予定です。2023年の6月末までには、チェリートマト、グリーンビーンズ、ピーチなどのアイテムのプラスチックパッケージが排除されます。また、アスパラガス、マッシュルーム、チェリーや、一部のサラダやハーブなどの農産物は、2024年末までに段ボールパッケージに切り替える必要があります。

一方、イギリスでは具体的なプラスチック包装廃止の規定はまだ出来ていないものの、既に段ボールの容器に切り替わっている小売店スーパーマーケットが出始めました。もう、野菜の量り売りが浸透する日はそう遠くなさそうです。

ABOUT ME
代表・編集長 鈴木聖佳
フードアクティビスト/Food activist 2012年2月よりイギリス・ロンドンに居住。 約7年半、都内の化粧品メーカー・兼商社に勤務。Eコマースに特化したマーケティング及び法人営業を行う。約2年半、ロンドンの金融業界で勤務。のちオーガニック・ナチュラルプロダクトのオンラインショッピングプラットフォームの新規営業として、世界中の2,000以上のブランドをリサーチし、日本のマーケット参入を目的とし約70以上のブランドパトナーシップ契約を結ぶ。また、オーガニックプレスでコラムを執筆中。 ビオナチュラ&コーの立ち上げストーリ及び実績はこちら
『食に関するオープントーク』をポッドキャストで配信中

オーガニック・食品添加物・農薬問題・環境問題・食育・健康・子育てなどをフードアクティビストが話します。
以下のバナーをクリックすると、Googleポッドキャストにアクセスできます。そのほかSpotifyを含むS7つのプラットフォームで配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA