Blog

ヨーロッパの小売店で学ぶ売り方のヒント

脱プラスチックのトレンドの中、パッケージフリー、いわゆるばら売りをする場合、どのようにオーガニック食品であることを表記するか。そして、オーガニック・ヴィーガン・グルテンフリーと商品の特徴に関するキーワードが複数重なる場合、どの棚に置いたら良いのかなど、売り場づくり困ることもあるかと思います。そんなとき、ヨーロッパの小売店ではどんな風に販売しているのか、オーガニック・プレスで執筆させて頂きました。ぜひご覧になってみてください。
https://organic-press.com/column/suzuki_column_vol15/

ABOUT ME
アバター
代表・編集長 鈴木聖佳
フードアクティビスト/Food activist 2012年2月よりイギリス・ロンドンに居住。 約7年半、都内の化粧品メーカー・兼商社に勤務。Eコマースに特化したマーケティング及び法人営業を行う。約2年半、ロンドンの金融業界で勤務。のちオーガニック・ナチュラルプロダクトのオンラインショッピングプラットフォームの新規営業として、世界中の2,000以上のブランドをリサーチし、日本のマーケット参入を目的とし約70以上のブランドパトナーシップ契約を結ぶ。また、オーガニックプレスでコラムを執筆中。 ビオナチュラ&コーの立ち上げストーリ及び実績はこちら