Blog

イギリス初のヴィーガンブッチャーを訪れて

2020年「世界ヴィーガンデイ」の11月1日にオープンしたばかりのイギリスで始めてのヴィーガンの肉屋に足を運んで来ました。この肉屋は自分たちのオリジナルのヴィーガン肉製品を調理して客に提供する100%完全菜食主義者のためのアメリカンダイナーが隣接しています。

ブッチャーでの品ぞろえは豊富で、植物ベースのスモークハム、サラミ、、パストラミのほか、リブ、ハンバーガーグ、ミートボール、レバーパテ、ブラックプディングなどが並べられています。

マネジャーのトレイシーさんは、ベーコン、ソーセージ、ペッパーサラミがオススメだと話てくれました。コロナウィルスのパンデミック真っ只中にオープンをしたヴィーガンブッチャーですが、食品を扱うため、ロックダウン中もオープンし続けていたとか。

今回、9個入りのミートボール(10ポンド)、パストラミ(4ポンド)を購入すると、おまけでサラミを親切にもいただきました。

パストラミは、チーズとピクルスを入れてパストラミサンドイッチに、サラミはそのまま食べてみましたが、イタリア人の主人も「美味しい!」というほど。フェンネルがはいっていて、普段食べているサラミと味も、食感も実に近いのです。

店内で取り揃えられているヴィーガン肉の主原料は、大豆やキドニービーンズのような豆類、そしてセイタンとなっています。セイタンは、小麦のグルテンから作られグルテンミートと言われるものに使用されていることが一般的です。こう言われてもピンと来る人は少ないかもしれませんが、
日本食の麩がセイタンに当たります。このセイタンは、肉の弾力感を出すために使われる重要な原料です。

ミートボールをトマトソースで煮込み、ミートボールパスタを作ってみましたが、このミートボールはまさしくお麩の味がしました。きっと、だし醤油で煮込んでもきっと和風な味で美味しいと思います。

ABOUT ME
代表・編集長 鈴木聖佳
フードアクティビスト/Food activist 2012年2月よりイギリス・ロンドンに居住。 約7年半、都内の化粧品メーカー・兼商社に勤務。Eコマースに特化したマーケティング及び法人営業を行う。約2年半、ロンドンの金融業界で勤務。のちオーガニック・ナチュラルプロダクトのオンラインショッピングプラットフォームの新規営業として、世界中の2,000以上のブランドをリサーチし、日本のマーケット参入を目的とし約70以上のブランドパトナーシップ契約を結ぶ。また、オーガニックプレスでコラムを執筆中。 ビオナチュラ&コーの立ち上げストーリ及び実績はこちら
『食に関するオープントーク』をポッドキャストで配信中

オーガニック・食品添加物・農薬問題・環境問題・食育・健康・子育てなどをフードアクティビストが話します。
以下のバナーをクリックすると、Googleポッドキャストにアクセスできます。そのほかSpotifyを含むS7つのプラットフォームで配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA