農薬問題

農業による水質汚染

水質汚染

慣行農業の副産物は、流域を脅かし、飲料水を汚染します。
雨が降ると、窒素が豊富な化学肥料や有毒な化学農薬や除草剤などの土壌や農場の投入物が畑から近くの小川へ「流出」します。

急速に成長する藻類

農業に使用される化学肥料に含まれる窒素とリンは、水界生態系が処理できるよりも速く藻類を成長させ、魚や海洋生物が生き残るために必要な酸素を減らし、「デッドゾーン(死の海域)」と呼ばれ、低酸素の海では、生物たちは窒息して生きていけない、いわば生き物に対して酸欠状態を引き起こします。水生生物に害を及ぼす同じ化学物質が飲料水供給施設にたどり着きます。たとえば、除草剤のアトラジンは、露出したカエルを雌雄同体にすることで知られており、この跡ら人は地下水に浸出することが知られています。
主に中西部の工業農場からの流出により、メキシコ湾の不感帯は現在、8,700平方マイル以上に広がっていると言われています。

解決策とは

水辺のバッファー
川沿いに植物や樹木を栽培することで、一部の汚染物質(約25%)が流域に到達するのを防ぐことができます。
化学物質を使用しない
作物に毒素のある化学物質の肥料や農薬を使用しなければ、それらが水路にたどり着く心配はありません。
健康的な土壌を作る
慣行農業の土壌は侵食の影響を非常に受けやすいことが事実です。
対照的に、有機農業の土壌は、有機物の濃度が高いため、水をよりよく保持します。カバークロップのような農業慣行は、土壌が洗い流されるのを防ぐのにも役立ちます。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。