オーガニック

あなたが飲んでいる牛乳も危ないかもしれない

アメリカの多くの家庭では毎日子どもたちに牛乳をあげています。しかし、その牛乳を摂取すると同時に、農薬も摂取しているということを知っているでしょうか。
エモリー大学がオーガニックセンターと共同で実施した研究により、「慣行農業で育てられた牛から搾取された牛乳より禁止されている抗生物質、成長ホルモン、および物議を醸す残留農薬が検出された」ことが分かりました。もちろんこれらの残留物は有機農業で育てらえた牛の牛乳には見られませんでした。
査読済みの健康ジャーナル『Public Health Nutrition』が発表したこの研究は、食品医薬品局が実施している方法よりも感度の高い新しい試験方法を採用しました。研究者たちは、米国の9つの異なる地域の店頭で購入した牛乳を調査しています。

主な調査結果

  • 慣行農業で育てられた牛乳サンプルの60%に抗生物質残留物が含まれていました。そのうちの2つは授乳中の乳牛で長い間違法していたということです。有機牛乳のサンプルでは抗生物質の残留物は見つかりませんでした。
  • 慣行農業で育てられた牛乳は、有機牛乳よりも20倍高い成長ホルモンのレベルを持っていることがわかりました。これはホルモン剤が投与されていることを指します。
  • 除草剤のアトラジンや殺虫剤のペルメトリンなどの農薬は、慣行農業で育てられた牛乳サンプルの26〜60%で見つかり、また59%のサンプルで使用が制限されているクロルフィリフォスが検出されました。有機農業で育てられた牛乳のサンプルではそれらは全く検出されませんでした。
  • 抗生物質の過剰使用は、抗生物質の薬剤耐性につながり、人間と動物の両方に対する抗生物質の有効性を低下させる可能性があります。特定の抗生物質は、ヒトのアレルギー反応に関する懸念のために食品医薬品局(FDA)によって禁止されていますが、これは深刻な場合があります。この研究で検出された牛の成長ホルモンのレベルは、従来の酪農生産者が、合成成長ホルモンを導入していることを示唆しています。クロルフィリフォスのような農薬は人間の健康への懸念を理由にカリフォルニアおよびアメリカ全国で禁止されると考えられています。

    有機酪農は、米国で2番目に売れている有機産業であり、何よりも牛の自然な行動と健康を優先します。認定された有機酪農場では、抗生物質や成長ホルモンの投与、農薬やGMOの使用が制限されており、牛は有機牧草地で放牧されています。この研究が示すように、合成化学物質を摂取することを回避し、健康的な乳業を促進する最良の方法は、オーガニックを購入することです。

ABOUT ME
Rodale Institute
Rodale Institute
ロディル インスティテュートは、研究、農家へのトレーニング、消費者への教育などを通じオーガニックムーブメンドを起こす団体です。 また、オーガニックのリーダーシップを取ることで、人々の健康やウェルビーイング、そして地球環境を改善していきます。
『食に関するオープントーク』をポッドキャストで配信中

オーガニック・食品添加物・農薬問題・環境問題・食育・健康・子育てなどをフードアクティビストが話します。
以下のバナーをクリックすると、Googleポッドキャストにアクセスできます。そのほかSpotifyを含むS7つのプラットフォームで配信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA